にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへにほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

↑↑ にほんブログ村ランキングに参加しています。お読み頂けたらぜひ「政治家」をクリックして下さい。

梅雨らしい天気に/数日の振り返り2017年06月11日 12:04

 先週は中ほどに少し雨が降りましたが、ここ数日はほぼ雨もなく、気温もそこそこで過ごしやすい日が続いていました。
 でも今日は朝から雲が多く、なんとなくどんよりとしています。ある意味、梅雨らしい天気なのでしょうね。

 さて、何かとバタバタしていて書き込みができなかった先週でしたが、ここ数日を振り返ってみたいと思います。

 9日から6月定例市議会が始まりました。

 少し前にご報告したと思いますが、この議会には一般会計をはじめとする各会計の補正予算の提案はなく、単行議案が22件提案されています。また、19件の報告も行われることになっています。

 9日には単行議案の提案、質疑、採決が行われた後、一般質問が始まりました。
 この議会では合計で17名の議員が一般質問を行われます。私の所属する民進ネット会派は6月議会においては、稲葉議員、安孫子議員が質問を行います。

 すでに9日に稲葉議員が質問を行いました。新人議員としての初質問でしたが、私の新人議員としての初質問の時よりも、いい質問であったと思いました。今後にも大いに期待しています。
 また、安孫子議員は週明け、12日に質問の予定です。

 昨日、10日は時の記念日。時の過ぎゆくのがだんだんと早く感じるようになった気がします。

 午前中、小学校で行われていたスポーツ大会を見学したり、コミセンに立ち寄って地域課題について話をしたりしていました。

 この季節も屋外での行事が多い時ですが、梅雨に入っているので雨の心配もされたことと思います。幸い、好天の下での開催となっていました。開催に携われた皆さん、お疲れ様でした。

 夜間には、コミセンでの自主防災会の役員会に事務局として出席しました。
 総会へ向けての役員会です。本年度は新たな取り組みもいくつか予定されています。私も、地域の一員として、引き続き頑張って取り組んでいきたいと思っています。
 
 (写真は我が家のベランダに咲いた桔梗の花です。5にゃんや他の植物とともに我が家の家族の一員です。青色が鮮やかで、涼しげでしょう。)

市政報告会のご案内2017年04月17日 20:50

 4月に入って本当に雨がよく降っている気がします。季節の変わり目とはいえ、少し多すぎるのではないでしょうか。
 しかも今、茨木市には大雨・洪水警報が発表されているような状況で、音を立てて雨が降っている様子が家の中にいても聞こえています。被害が発生しないことを心から祈るものです。

 さて、新年度がスタートしたところですが、定例になっている市政報告会を本年も開催いたします。(下の写真は過去の市政報告会当日のものです。)


 

 私からの市政報告だけではなく、森みどりさんからは、子ども食堂の取組を中心にした最近の活動の報告をいただく予定になっています。
 また、参加いただいた皆さんとの意見交換なども予定いたしております。

 日程等は下記の通りです。当日、ご都合のつかれる方はどうぞおいでください。皆さんのご参加をお待ちいたしております。

                           記
 日 時  4月22日(土)午後1時30分~
 場 所  茨木市立葦原コミュニティセンター1階多目的室
       (茨木市新和町21番27号)



あしはら防災ひろば2017開催2017年02月12日 20:57

 今日の大阪の最低気温は-0.6℃と、昨日の記録を更新し、恐らく今シーズン一番の冷え込みとなりました。

 ただ、このような冷え込みの日は天気は良いもので、今日も日中は風は強いものの陽射しはあり(随分と強くなってきているような気がします。)、室内にいると温かくさえ感じました。寒波の中にも、確実に春は近づいてきているのだと思います。

 さて、そのような、日曜日としては久しぶりの好天に恵まれた中、「あしはら防災ひろば2017」が開催されました。

 スタートした9時過ぎには来場された方は講習会の関係もあり、自主防災会関係者が多くを占めていましたが、10時過ぎからはご家族連れの方々も含め、子ども達から高齢者まで、多くの方が参加され、元気で楽しい催しになったと思っています。

 準備の関係で少し気になっていたHUG(避難所運営ゲーム)講習会も、参加頂いた皆さんのご協力と熱の入った議論で大いに盛り上がり、大きな成果が得られたと感じました。

 その他の企画も参加された皆さんや運営された皆さんの熱意が相伴って成果のある催しになったと感じています。

 いつもながらではありますが、地域の力ってすごいと思います。自主防災会役員、委員の皆さん、関西大学KUMC、立命館大学アトレー両サークルの皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。

時折り雪の一日に/明日の準備2017年02月11日 20:48

 今朝の大阪の最低気温はちょうど0℃でしたが、北摂では氷点下になっていただろうと思います。おそらく、今シーズンで一番寒かったのではないでしようか。

 我が家の周りでも、朝には、うっすらと雪化粧をしていました。北海道や東北などでは大雪で大変なようです。
 被害にあわれた皆さんに心からのお見舞いを申し上げます。これ以上の被害が発生しなければ良いのですが。

 さて、その後も一日を通して時おり雪が舞うなか、午前、午後と2回に分けて明日の「あしはら防災広場2017」の準備を行いました。

 私の住まいする地域の自主防災会ではこの季節に講習会、講演会など室内での防災の取り組みを、秋には避難訓練などの体を動かしての訓練を運動場と体育館で行っています。

 明日は、秋に予定している本格的な避難所運営訓練に向けたHUG(避難所運営ゲームの頭文字です。)講習会と防犯講演会、大学生の皆さんの協力を頂いての防災かるたの実施や簡易防災グッズの作成、防災や防犯活動の報告や紹介などが行われることになっています。

 場所は葦原コミュニティーセンター、時間は9時15分からです。興味がおありの方は参加されてみたらいかがでしょうか。

寒くなりましたね/いばらき安心安全フェスタ2016年11月05日 21:15

 今朝の最低気温は10℃を切っていましたね。水曜日に続く寒い朝を迎えていました。
道理で我が家の子ども達(=^_^=)達がくっついて私たちの蒲団の近くにいたはずです。

 これからますます気温は下がります。どうぞご健康にはお気をつけて下さいね。

 さて、朝がそれだけ放射冷却で冷えたので、日中は本当に秋晴れの良い天気になりました。そのようなもとで、今日も多くの催しが開かれたことと思います。

 私は午前中、2か所の催しに参加させてもらいました。

 まずは市役所前南グラウンドで開催された「いばらき安心安全フェスタ」へ。
 この催しは茨木市や茨木市消防本部、茨木市消防団、茨木市災害予防協会、茨木警察署、茨木防犯協会が主催して行われるもので、この季節の恒例行事の一つとなっています。幼稚園児たちの音楽演奏もあり、家族連れを含め、多くの市民が参加されていました。

 これは起震車による地震体験コーナーです。




 これは来年1月に予定されているシェイクアウト訓練への参加呼びかけと、この訓練の説明です。







 この様なコーナーのほか、消火体験、消防車両等の展示、防犯、応急手当実技体験、ミニ消防車、ミニ救急車試乗などの各コーナーが設けられ、子ども達とともに多くの市民が楽しみながら体験し、学ばれていたと思います。

 その後、住まいする校区に戻り、地域団体が主催された手作り品や茨木産の野菜の即売会などの催しに参加しました。

 こちらの催しもこの季節の恒例行事になってきておられ、私も仲間とともに毎年、楽しませていただいています。

 今日もとれたての野菜や手作りの小さな靴のチャームなどを買い求めました。お腹も心も満足させてもらったところです。ありがとうございました。







地域自主防災会防災訓練/活動報告間もなく完成2016年10月25日 20:50

 今朝は随分涼しいと思ったら、最低気温が13℃に届かず、最高気温も20℃未満だったのですね。道理で我が家の子ども達(=^_^=)がみんなくっついて寝ているはずです。

 どうぞ皆さん、ご健康にはご留意くださいね。

 私は現在第3クール目の服薬中で、あと2日、服薬すれば2週間の休薬期間になります。体調は良くなってきていますが、やはり副作用はありますので、休薬期間が楽しみです。

 さて、日曜、月曜と、結構ハードな日々が続いたので、今日は1日、自宅での作業。活動報告の配布・発送準備をしていました。
 明日、印刷が上がってくるので、今週中には何とか配布できると思っています。

 ブログへのアップにもトライしてみたいと思いますので、乞うご期待。

 と言うことで、今日は日曜日に開催された地域の自主防災会の防災訓練についての報告をしたいと思います。

 私の住まいする地域の自主防災会では、年明けには屋内での講演や講習を中心とした「防災ひろば」の取り組みを、秋には体を動かい各種訓練や講演を中心にした「防災訓練」の取り組みが行われています。

 この日は雨が心配でしたが、朝から陽射しもある天気に恵まれ、多くの方のご参加で防災訓練が開催されました。私も事務局の一員として参加しました。

 各地域での黄色いボード作戦や民生委員さんによる安否確認訓練に始まり、差難所である小学校までの避難訓練、会場での消火訓練、救出訓練、AED訓練、段ボールイス作成講習、段ボールベッドや簡易トイレ、間仕切り、各種防災グッズの展示。
 神戸の「人と未来防災センター」の講師さんによる講演、さらには炊出し訓練など多彩な内容でしたが、皆さん、熱心に取り組んでおられました。得るところの多い訓練だったと思います。
 
 この訓練実施のために取り組まれた自主防災会の皆さんはもとより、各自治会の皆さん、協力いただいたNPOや市内企業、大学の学生、消防団、茨木市、茨木市消防の皆さん、本当にお疲れ様でした。

防災行事に参加しました2016年09月17日 21:12

 大きな台風16号が近づいていますが、幸いなことに昨日と本日は天気上は晴れと言うことでした。朝夕も随分と過ごしやすくなってきたと思います。もっとも今朝は9日ぶりの熱帯夜になってたようですが。

 ただ、台風の接近につれ、明日から来週にかけては天気が悪いようです。明日は私の地区では敬老会も予定されているのに。雨が降ってほしくないですね。
 また、かなり勢力が強い台風のようですので、皆さん、くれぐれも天気予報などを参考にご注意ください。

 さて、今日は午前中、会議の後、午後からは立命館大学茨木キャンパス+岩倉防災公園で行われた防災行事に参加しました。
 これは「商店街×大学生!炊き出し試食会」と言う名称で、「チャレンジ・災害発生時に私たちができること」と言う副題がついていました。茨木市内の商店街や大学、高校などのコラボで行われた取り組みです。

 内容としては防災運動会、防災ワークショップ、ステージイベントと炊き出し試食会、市内の大学や高校とのコラボによる食べ物の模擬店や大阪府や学生団体による防災関係の展示など、多くの催しが行われていたところです。

 防災公園に遊びに来られている家族連れの方々も含め多くの市民が参加されていました。

 写真は大阪府の皆さんが展示されていた耐震関係の家の模型で、筋交いがなければ揺れで倒壊する様子がよくわかるようになっています。移以前にも地域の防災行事で見たことがあったのですが、今回は屋外で台車の上に置かれており、それを前後することで地震の揺れを作り出して模型を揺らすようになっていました。
 簡単な構造ですが、筋交いの重要性と耐震改修の必要性がわかりやすく現されていると思いました。

 まだまだ耐震改修の必要な住宅は残されていると思います。減災の第一歩として、取り組んでいただきたいと思っています。


 また、会場では顔見知りの多くの方に出会い、お声をかけていただき、お話をすることもできました。体調を心配していただいたり、励ましをいただいた方もあり、嬉しく思うと同時に元気も出たところです。

 
 

 

 


またまた熱帯夜・猛暑日に/日航機墜落事件から31年2016年08月12日 20:10

 昨日、久し振りに最低気温が25℃を割り、熱帯夜が途切れたと思ったのも束の間、今日はまたまた熱帯夜となりました。
 最高気温が35℃を超える猛暑日は10日間連続となっています。(大阪市)

 昨日は暑いことは暑かったのですが、湿度が29%と低く、汗が流れても乾くのでそれなりに過ごしやすかったと妻が言っていました。今日は48%とのことでしたので、どうだったのでしょうか。

 いずれにしましても体にとって厳しい条件には違いないと思います。折から、お盆休みなどで帰省される方も多いと思いますが、車や電車などでの移動中にも水分補給など、十分に気を付けていただくことが必要かと思います。くれぐれもご自愛ください。

 さて、今日は日航機墜落事故から31年目を迎えています。私にとって市議会に初当選させていただいた年なので、さらに印象が深い惨劇でもありました。

 一度に520名もの方がお亡くなりになりました。改めて心からご冥福をお祈りするものです。
 その一方で、奇跡的に4名の方が救出されました。救出されてヘリコプターで病院に移送される映像を見ていましたが、本当に良かったなと感動して涙が流れたことを覚えています。

 さらに、この事件では圧力隔壁の修理に問題があったのにもかかわらず、修理したボーイング社をはじめ日航や運輸省の責任が問われなかったことも印象に残っています。

 先日のテレビでも放映されていましたが、アメリカには業務上過失致死傷を問える法律がなかったからだそうです。なぜないのか理由はわかりませんが、私には信じられないことでもあります。

 また、この報道ではご遺族の方々で結成された「8.12連絡会」と言う団体の活動も紹介されていました。詳細は省略させていただきますが、本当に頭が下がる思いです。

 公共輸送機関の安全・安心な運行とその維持のため、携わっておられる多くの仲間の皆さんとともに、私もできることを行っていきたいと思います。

市議会委員会/5年目の3.112016年03月11日 21:50

 この3日間は、その前の3日間とは全く違う天気になっていましたね。最高気温が20℃を、最低気温が10℃を超えていたのに、この3日間は天気も雨、曇り、曇り(茨木市はほぼ晴)であり、最高気温も15℃以下、最低気温は10℃にも届かない日でした。

 今日も陽射しはありましたが、北からの風が強く、体感気温ではもっと冷たく感じた一日となりました。まさに三寒四温です。こんな繰り返しをしながら春になっていくのでしょう。

 さて、この3日間の振り返りを行ってみたいと思います。

 9日
 この日から市議会の常任委員会が始まりました。茨木市議会では常任委員会が4つあり、2つずつ開催されています。この日は民生と文教の常任委員会でした。

 私は朝から議会の会派控室へ行き、所属する建設常任委員会においての質疑の準備で、予定項目についての担当課とのヒヤリングと意見交換を行っていました。

 予定している項目は企業会計分も合わせて5項目です。普段の3月議会はもっと多く、10~15項目程度ありますが、本年は市長選挙が4月に行われる関係で2016年度一般会計予算が骨格予算となっており、政策的なものは市長選挙後の6月議会の補正予算で計上される関係で質疑項目が少なくなっています。

 項目は少なくとも内容のある議論行うため、しっかりとした準備が必要なのです。この日もほぼ一日会派控室で頑張りました。

 10日
 この日も昨日と同様、ほぼ一日、会派控室で質問項目の担当課とのヒヤリングと意見交換。先週の本会議質疑に向けての準備からずっと作業を続けていますので、頭の中でいろんな資料が飛び交っているような感じです。
 
 そうこうしている間にもヒヤリングとは関係ない職員さんがいろいろな案内や資料を持って会派控室に来られたりします。それも大事なことですので対応していたり、書類に目を通したりしている内に時間が経ってしまいます。

 それでも何とか6時半ごろには作業が終了。明日の質疑の準備がほぼ完了しました。あとは夜の会議の後、自宅での作業としました。

 この夜には近くのコミセンで公民館の運営委員会。主に先日開催された文化展についての反省点などの意見集約ですが、来年度についての事業などについても話し合われたところです。

 帰宅後、体重を量ってみると朝と比べて約1㎏減。頭を使うっていうのは案外エネルギーを消費するものなのですね。

 11日
 今日は3月11日。あの東日本大震災から5年目を迎えました。東北各地はもちろん、阪神淡路大震災被災地においても東北の被災地に向けた多くの鎮魂の催しが行われていました。

 茨木市議会でも私の所属する建設常任委員会と総務常任委員会が開催されていましたが、2時46分には審査を止めて黙とうを捧げました。
 改めましてお亡くなりになられた皆さんのご冥福をお祈りいたしますとともに、被災地の一刻も早い復興を祈念いたします。

 その委員会において私は一般会計予算に対して大きく3項目、下水道等事業会計に対して大きく1項目、水道事業会計に対して大きく3項目の質疑を行ったところです。
 詳細は本会議と同様、市議会のHPの会議録をご参照いただきたいと思いますが、
一般会計予算では
●住宅について
 ①住宅政策について
 ②府営住宅について
●ごみ収集委託について
●立地適正化計画について
下水道等事業会計予算では
●業務継続計画(BCP)の策定状況について
水道事業会計予算では
●水道部における危機管理について
●水質汚染があった場合の対応について
●業務継続計画(BCP)の策定状況について
と言うものです。
 



朗読劇「兄のランドセル」/地域防災訓練2016年01月17日 21:57

 結果的には昨日も本日も似たような天気となりました。ただ、本日の方が最低気温は2℃に、最高気温は10℃に届かなかった分だけ、ほんの少し寒かったような気がします。

 ただ、後で記しますが、地域行事の関係で心配していた天気が、行事が行われている間は陽射しもあり、風もそんなに強くなくて過ごしやすく、良かったなと胸をなでおろしているところです。

 ただ、今晩以降は近畿でも風が強くなり、雨や雪が降るとされています。週明けは荒れた天気になりそうです。皆さん、くれぐれもお気をつけて下さい。

 さて、例によりましてこの二日間を振り返ってみたいと思います。

 16日
 この日は午前中からコミセンに行き、自主防災会の仲間と翌日に予定されている防災訓練の資料や物品の準備を行いました。いよいよ明日になったのです。(この日から言えば)

 自主防災会としてはもちろん、茨木市など関係する団体ともそれなりに綿密な打ち合わせと準備を行ってきたのですが、トリアージ訓練を含め、多くのメニューが予定されており、これで良いかどうかについて私にもどこか心配が残っていました。また、何よりも心配だったのは天気で、予報が毎日少しずつ悪くなっていたのです。
 心配しても、どうしようもないことなのですが、多くの皆さんが長い間をかけて準備されてきただけに、多くの地域の皆さんの参加で、より成果の上がる防災訓練になるためにも晴れてほしいと思いました。

 午後一番には地域のグラウンドゴルフ同好会(私も会員の一人です。)の皆さんの新年会に参加し、皆さんとの短時間ではありましたが、愉しいひと時を過ごさせてもらいました。

 その後、防災訓練の前日準備に会場である小学校に。

 予定時間には自主防災会の皆さんや市の担当課関係者、そして今回もお手伝いをいただく学生の皆さんが学校に集合。
 多くの準備項目があったのですが、例によって皆さん本当にてきぱきと活動され、想定していた時間よりも随分と早く準備を済ますことができました。
 他の校区でも同様とは思いますが、私は住まいする校区の地域力をいつもすごいと思っています。今日も各人が和気藹々、かつ自ら進んで、手を止めずしっかりと準備に携わっていただきました。

 このように、地域の催しが結果として成功することも大事だと思いますが、その過程もそれ以上に重要であり、「一つ釜の飯を食う」ではありませんが、ともに心と力を合わせて活動していることが、地域力を強く、深くしていることにつながっていると確信しています。

 夕刻からは立命館大学内にあるフューチャープラザのグランドホールで開催された朗読劇「兄のランドセル」を見に行きました。
 先ほどまでの前日準備の関係もあり、開演までに間に合うかどうか心配だったのですが、何とか滑り込みでセーフ。




 写真は少しピントがぶれていますが、この施設内の案内モニターに表示されていたこの朗読劇の案内です。

 この朗読劇は民主党の参議院議員でもあった山本孝志さんをモデルにした朗読劇で、「いのちの政治家 山本孝志物語」という副題が付けられていました。
 故山本孝志さん議員のお連れ合いであった山本ゆきさんが執筆された「兄のランドセル いのちの政治家山本孝志物語」を原作とされています。

 私も様々な活動で懇意にさせていただいておりました。いつも真面目に活動されていた方ですが、とても気さくであり、よく冗談を言って私たちを笑わせいてた方でもありました。
 今のような政治状況の時、命を大切にされていた山本さんがおられればと思うことがあります。

 今回の公演は東日本大震災支援活動に取り組んでこられた茨木のオークライオンズクラブの皆さんが「いのち」「絆」をキーワードに、この朗読劇を山本さんの母校でもある立命館大学のホールで開催されたものです。

 出演された田中健さんや竹下景子さんはもとより、出演者の皆さんの思いのこもった言葉に山本孝志さんを思い出し、涙を禁じえませんでした。
 企画・運営された皆さん、出演・制作された皆さん、とても素敵なひと時を過ごさせていただき、ありがとうございました。

 17日
 さて、本日はいよいよ防災訓練当日でした。心配していた天候も午前中は陽射しもあり、風もそんなに強くなくて「訓練日和」だったと思います。

 21年前のこの日、午前5時46分にあの惨事、阪神淡路大震災が発生しました。6000人を超える方がお亡くなりになり、その傷跡は今も多くの方の心の中に残っていると思います。
 同時に、私たちはその悲惨な経験に多くの事を学びました。その一つが地域での自主防災力の強化でしょう。
 それは同時に一人一人が常に心の中に災害に備える気持ちを持っておかねばならないことだとも思います。そのための取り組みの一つが本日の防災訓練です。

 朝7時30分には会場の小学校に。次々と本日のスタッフを務めていただく自主防災会の皆さんや茨木市をはじめとする関係団体の皆さん、関西大学や立命館大学、藍野学院の学生たちが集まって来られます。

 8時からのスタッフミーティングが終わり、それぞれが担当の部署の最終準備に。そうこうしている内に、訓練スタートのサイレントアナウンスが学校の屋上に設置してあるスピーカーから流れ始めました。

 今日は茨木市の全域防災訓練であり、大学入試センター試験が行われている学校周辺を除く茨木市内全域でこの放送が訓練開始の合図となっていたのです。

 各自治会や地域から避難訓練として、多くの市民が学校に集まって来られました。最終的には目標であった200名を突破する方が学校に参集されたのです。

 訓練内容は各自でのシェイクアウト訓練から始まり、避難訓練、トリアージ訓練見学、簡易防災グッズ作成訓練、災害救助犬訓練見学、簡易心臓マッサージキットを利用した心肺蘇生訓練、災害伝言ダイヤル講習、自衛隊とのコラボでの炊き出し訓練、など、多彩な内容となっていました。

 特に、トリアージ訓練は茨木市では初めての取り組みであり、三師会の皆さんや看護師さん、消防や消防団、自衛隊、自主防災会が協力して行われたもので、これまでの準備も今日の訓練も今後の大きな参考になるものと思っています。

 私は自主防災会の事務局として参加された皆さんへの訓練の説明や進行を担当いたしました。




 どの訓練についても参加された皆さんは熱心に取り組んでいただきました。また、自主防災会の皆さんをはじめ各訓練に携わっていただいた皆さんもの活動も本当に熱いものがあったと感じています。そんな思いを持つためか、私自身は寒さなんてほとんど感じませんでした。(炊き出しとして、自衛隊の隊員さんとのコラボで作られたカレーも本当に美味しくいただきました。)
 

 ところで、写真は災害救助犬訓練に登場した二頭のわんちゃんです。まずは一頭目の男の子。名前はホープ君。





 二頭目は女の子、名前はお聞きしていませんが、ジャーマンシェパードです。




 それぞれとてもよく訓練された頭の良いワンちゃんたちでした。ちなみにこの子たちを連れて来ていただいたのはNPO法人日本レスキュー協会の皆さんですが、広島での土砂災害やネパール地震の際にも現地に赴かれ、活動されたとのことでした。
 下の写真はわんちゃんたちが乗ってきた車です。(動物好きの私ですので、つい、動物たちに目が行ってしまいます。)





 9時にスタートした訓練は12時30分に終了。参加された皆さんはもとより、私を含め企画・運営に携わった多くのメンバーにも災害への備えとして大きな体験になったと思っています。

 訓練終了後の後片付けも、スタッフの皆さんの能動的、自主的な活動で予定よりも早く終わることができたところです。
 企画・準備・運営に携われた皆さんの活動に改めて心から敬意を表し、感謝いたします。また、早朝から訓練に参加いただいた地域の皆さん、本当にお疲れ様でした。
 



http://ping.blogmura.com/xmlrpc/09lbn2fqmyhc