にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへにほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

↑↑ にほんブログ村ランキングに参加しています。お読み頂けたらぜひ「政治家」をクリックして下さい。

茨木市農業祭/茨木総がかり行動/環境フェア2016年11月19日 22:01

 雨で明けたためか最低気温が13℃強とこの季節にしては暖かい朝を迎えましたね。ただ、気温の変化の大きい時ですので、くれぐれも風邪などひかれぬようにお気をつけて下さい。

 さて、朝から雨模様の日でしたが、今日も多くの催しが行われ、私もいくつかに参加しました。
 まずは市役所前グラウンドで開催された茨木市農業祭。私が行った頃には雨はやんではいましたが、グラウンドは泥んこ状態。どうも開会式は行われなかったようです。


 それでも茨木産の新鮮な各種野菜や姉妹都市の香川県小豆島町や歴史文化姉妹都市の大分県竹田市の産物などが販売されており、多くの市民が参加されていました。
 私も白菜や大根などを購入しました。これらは早速夕飯の食材となりましたが、美味しかったですよ。

 その後、その後、毎月19日定例の「茨木総がかり行動」に参加。昨年の安保関連法強行採決に抗議し、党派や考え方の違いを超えて、立憲主義を守り、平和を求める「あきらめない」活動としてすっかり定着しています。今日も多くの参加者とともに市民の皆さんへの訴えを行いました。

 次には市民総合センターで開催されていた環境フェアに寄せてもらいました。

 これもすっかり定着した催しとなっています。チラシの写真のように多くの楽しい内容があります。茨木市が今年から取り組んでいる「エコポイント」の対象でもあります。




 農業祭、環境フェアとも明日も開催されます。天気も回復していますので、興味のある方は参加されたにいかがでしょうか



 




阪神淡路大震災から20年2015年01月17日 20:50

 今日は夕刻まで北からの強い風があり、陽射しはあったものの寒い一日となりました。そう言えばあの日も寒かったなあと思い起こしています。

 テレビや新聞などでも大きく取り扱われていますが、今日、阪神淡路大震災から20年を迎えました。改めまして、この震災でお亡くなりになられた6434名の皆さんのご冥福をお祈りいたします。

 20年前の1月17日は火曜日でした。15日が成人の日で16日(月)が振り替え休日となっていて、17日に定例の南茨木駅前早朝街頭活動を行うために、正に起きようとしたその瞬間にあの地震が起こったことを今でもはっきりと覚えています。
 起き上がろうとした時に大きな轟きとともに強い揺れが来て、上に置いていた大きな陶器がちょうど私の枕の位置に落ちてきたのです。起き上がっていなかったら直撃を受けていたことでしょう。ちょっとしたことで私はけがから免れたのでした。

 ただ、その時は大災害が発生しているとは思わず、いつものように駅に出かけようとしていました。何で知ったのかははっきり覚えていませんが、電車が止まっているということがわかり、取りやめた頃だったと思います、停電が治り、テレビが報道を始めていました。空からの映像でした。神戸の街のあちこちから火の手が上がっているのです。初めは細いように思えた煙が太くなり、その本数も増えていった時に、改めて大災害が発生したんだと感じ、大きなショックを受けました。

 これがあの日の朝の私の状況です。それからも余震が続き、その度に大きな不安を感じていました。震度5強の茨木市においてもこのような状態でしたから、直撃を被られた淡路や神戸をはじめ阪神間の皆さんのお気持ちは想像を超えるものがあります。

 あれから20年、多くの方々の大変な努力で街の佇まいは復興したように思えます。しかし報道されているように、街の形は復興しても、いまだに心や体に後遺症を持つ方も多くおられるようです。また、人と人とのつながりもなかなか元には戻らないようです。4年前の東日本大震災でも同じようなことが言われています。

 これらのことは大きな課題ですし、今後発生が予想される東海・東南海・南海地震にも備えるためにも、しっかりとした検証と研究による対応策をたてることが喫緊の問題だと思います。

 人が様々な社会活動・日常生活を営む街をどのように考えるかと言う視点も十分に汲んだ防災・減災対策がぜひとも必要だと思っています。同時に、住まいする地域でもそのことを踏まえた取り組みを今後とも地域の皆さんとともに進めたいと思っています。

 さて、今日は朝から北部の小学校で開催された餅つき大会に寄せていただきました。校区の青健協や放課後子ども教室などを担っておられる方々が中心になり、毎年行っておられるとのことです。茨木市では各小学校区で内容は異なっていてもこのような取り組みが積極的に行われており、地域力が高まって行っていると感じています。




 本日も寒風をついて多くの子ども達やお世話役の皆さんが集まっておられ、もち米を蒸し、臼でつき、あんこやきな粉、大根おろもちし、ぜんざいにして来場者の皆さんに振る舞っておられました。お餅が大好きな私もお相伴にあずかったところです。
 この行事の準備や運営に携われた皆さん、本当にご苦労様でした。また、ありがとうございました。



我が家の玄関/農業祭/パルフェスタ2014年11月23日 21:20

 今朝の最低気温は10℃をわずかに割り込んだようですが、昨日に引き続き最高気温は20℃を超え、風も大したことがなくて、温かく過ごしやすい一日となりました。
 そのような協、茨木市内でも数多くの催しが開催され、私もあちこちと参加いたしました。




 その前に、上の写真は我が家の玄関ドアを飾るクリスマスリースです。妻の手づくりで、少々早いのですが、飾られています。




 また、この写真は我が家の玄関マットと鉢植え、飾りです。こちらもフライングですが、サンタクロースがいます。

 これらに見送られ、まずは市役所前南北グラウンドで開催されていた茨木市農業祭へ。
 毎年この季節の恒例行事で、茨木市や農業委員会、JA茨木や、漁業協同組合(茨木にもあるのです。)などが中心になり、関係市民団体などや姉妹都市の協力をいただいて開催されています。
 地場産農林漁業産物やその加工品の販売、農林作物の品評会、姉妹都市産物の販売、森林ボランティア活動を行っておられる方々による木工品の販売や木を使ったおもちゃ作りの指導、各種の食べ物が並ぶ飲食模擬店など多くの催しが含まれており、毎年、家族連れを含む多くの市民が参加されています。
 今年は昨日、今日と好天に恵まれ、例年以上の人出で賑わっていたようです。




 まずは農林産物の品評会会場へ。




 大きなテントが会場になっているのですが、中に入った途端、野菜のいい匂いがしてきます。数多くの種類の野菜が出展されており、どれも見事なものでした。ここに展示された産物は表彰式後、販売されるのですが、毎年、それを求めようとする市民の長い列ができているとのことです。




 上の写真はメインステージで、この後、品評会の表彰式が行われました。私の知っている方も何人か入賞されていたところです。

 また、国内姉妹都市の小豆島町のテントでは、恒例ですが醤油やみそなどの大豆製品、化粧品などのオリーブ製品、麺類などが販売され、




 昨年、姉妹都市提携を行った竹田市のテントではお酒やかぼす及びその加工品などが販売されており、他のテントと同様多くの市民がそれらを買い求められていました。




 私も妻とともに、野菜や果物、その加工品、花などを買い求めたところです。

 その後、近くの茨木神社を通って商店街へ移動。茨木神社では七五三のお祝いに多くの家族連れが来ておられました。盛装している子ども達の嬉しそうな中にも緊張も感じられる姿が印象的でした。

 商店街では、現在、「茨木おいもスィーツラリー」と「パルフェスタ」が開催中であり、私たちはその中の取り組みとして「茨木にぎわい亭」(中心 市街地活性化拠点施設) で行われていた手打ちそばの実演を見学し、美味しい「鴨そば」をいただきました。

 この実演には、日頃手打ちそばを学ばれている市民グループが協力されており、その一員に私たちの友人がいたこともあって寄せていただいたのですが、そばはもちろん、鴨も出汁も大変に美味しかったです。(あまりに美味しそうだったので、すぐに食べてしまい、写真を撮り忘れたのが残念です。)

 食べ終わって外に出ると「にぎわい亭」の広場では、こちらも知り合いの方がお子さんと一緒に、子ども達対象の牛乳パックを使ったおもちゃ作りの準備をされていました。

 このように各場所でいろいろな方と出会い、楽しい思いをし、元気をいただいた一日となりました。

 さあ、明日からまた気分を一新して頑張ろう。
 



秋晴れの晴天に/我が家のベランダでの収穫2014年11月10日 21:41

 朝目覚めると東から明るい陽射しが入っていました。昨日とはうってかわった好天の朝を迎えましたね。
 陽射しがあると温かいし、何よりも朝起きた時の気分が違います。そんな訳で、今日は多用ではありましたが、気持ちよく動けた一日でした。単純なものです。

 午前中、自宅事務所で公民館や自主防災会などの事務作業を行いました。秋の行事はひと段落ですが、新春過ぎにそれぞれ取り組みが控えています。
 間もなく12月議会の関係でさまざまな資料の検討が必要になりますので、少しでも時間のある時に作業をする必要があるのです。(段取りが良さそうに聞こえますが、実は追っかけられていると言っても間違いではないかもしれません。)

 午後からは森みどり府議の事務所や議会控室で打ち合わせや資料整理を行いました。用事も終わり、市役所から出ようとした時に議会受付から来客の連絡が。
 来訪の予定はなかったのですが、控室に来ていただくと、本当に久しぶりにお会いする方でした。10年ぶりぐらいでしょうか。

 市役所に来られた時に私の来庁ランプがついているのをご覧になって、訪ねて来て下さったのです。懐かしい邂逅であり、いろいろな思い出話に花が咲いたところです。
 来訪いただいたことに感謝、感謝でした。

 さて、写真は我が家のベランダで収穫された水菜です。丹精して育てた妻曰く、「ポット苗一つからこんなにできたのよ。」とのことです。
 いろいろな花や観葉植物、そしてこのような野菜の苗を買ってきて、うまく育て、折々の季節の花や観葉植物を愛でることができたり、葉物を中心とした野菜を食することができたりするのは妻のおかげです。
 妻にも感謝、感謝です。

市場開放デー/文化展/市民活動応援フェスタ2014年11月09日 20:32

 昨日の願いもむなしく、朝起きた時から雨。それもかなり強い音を立てて降っていました。10月、11月の土日は本当に多くの行事が屋外、屋内ともに開催されます。にもかかわらず、二つの台風をはじめ、雨に見舞われることの多い本年でした。行事を主催される皆さんの心中が偲ばれます。

 さて、そんな雨にも負けず、今日も多くの催しが茨木市内で開催され、私も10カ所の行事に参加いたしました。

 まずは朝一番に開かれた、大阪府中央卸売市場の「市場開放デー」からスタート。私の住まいする校区にあることもあり、今年も寄せていただきました。




 朝早く、しかも雨が降っているにもかかわらず、多くの方が来場され、水産物や農産物を購入されていました。私も食品の買い物は大好きなのですが、今日は後の行動があるので、涙を呑んであきらめました。
 写真は大阪府のマスコットキャラクターの「もずやん」。大阪府の鳥の「百舌鳥」から取っているのでしょう。来場された方々に愛想を振りまいていました。もう一枚は「せりちゃん」。これはわかりやすいです。野菜の「セリ」から名付けられているのでしょう。



 

 その後、各校区の文化展に寄せていただきました。それぞれの文化展などでいただいたパンフレットが下の写真です。



 

 小雨が降り続ける中ではありましたが、それぞれ学校の体育館や公民館を会場に作品の展示や歌、ダンス等の発表会、たこ焼きやうどん、ぜんざいなどの食べ物販売が行われ、校区の市民が多数来場され、元気に賑やかに行われていました。

 各公民館によって文化展にも個性が発揮されています。展示方法やその内容、進め方などにも少しずつ違いがあり、大いに参考になりました。
 (写真はある公民館で展示されていた作品ですが、家の居間の光景がミニチュア版で作られていました。なかなかのものです。)




 でも共通するものがあります。どの文化展でも異口同音に語られるのが地域の皆さんの文化展実行に当たる熱意と協力ぶりです。私の住まいする校区でも同じですが、地域の力ってすごいものですね。



 公民館の文化展巡りは、お隣の校区、玉櫛公民館を締めにして終わりました。こちらに到着したのは終了の約30分前。そのような時間帯でしたが、多くの市民が来場されておられました。きっと皆さん、楽しんでおられたことと思います。

 その後、市民総合センターで開催されていた「市民活動応援フェスタ」に寄せていただきました。これは市民活動センターが主催されているもので、講演会やキッズ広場、市民活動センターに登録されている各団体の紹介、体験や食、手づくりのコーナーなど多彩な内容となっているものです。

 こちらも到着したのが終了30分ほど前と言うことで、ほとんどの催しは終了していましたが、いくつかの活動紹介ブースでお話をすることができました。

 このように、一日多くの催しに参加し、それぞれの場所で多くの方とお会いし、話をすることができました。さすがに疲れはしましたが、それ以上に、有意義な時間を過ごせたと思っています。
 今後、地域の公民館活動や私の活動、さらには政策として生かせるヒントも多くいただくこともできました。
 それぞれの催し開催にご尽力いただいた皆さん、本当にご苦労様でした。また、お話しいただいた皆さん、ありがとうございました。

「TAYUCOCO」/市民相談2014年11月04日 20:07

 今日も好天に恵まれた一日でした。その分、朝は少々冷えていたようです。我が家の5にゃん達も布団に集まってきていました。
 午前中、自宅事務所で少し用事を済ませてから、近くの大阪府中央卸売市場に行きました。我が家の買い物があったのと、以前、知人がFBで紹介されていたお店を訪ねてみようとも思ったからです。
 早朝とは違って市場も買い物客の姿もまばらでした。今月9日は「市場開放デー」と聞いておりますので、多くの市民が買い物にいかれることでしょう。
 少し探しましたが、目的のお店を見つけることができました。(何しろ薄い記憶だけが頼りでしたので。)




 このお店を営んでおられる方は、東北で被災され、縁あってこの地で新しく店を持たれたのです。元々、東京から東北に移転され、7年間、頑張られた時にあの震災に遭われたとのことでした。

 大変な中ですが、「ニューギニア産天然エビ」の販売のお店と、無農薬、無添加食品などを販売するこの「TAYUCOCO」と言うお店を営んでおられます。(ちなみにこの店名はお孫さんの名前の頭の文字を組み合わせたものだと、お話ししたお母さんからお聞きしました。)
 興味を引く商品が多くありましたのでいくつか買い求めたところです。皆さんもお近くに行かれる際は、立ち寄られたらいかがでしょうか。

 午後にはお隣の校区のある方を訪ねました。以前にご相談を受けていた課題があるのですが、なかなか都合の良い時間が取れず、今日になってしまったのです。
 相談の内容は60cmはある段差へのスロープの設置です。(下の写真)



 

 狭いので車の通行がなく、高齢者やベビーカーを引いた方などが通行されるのに安全なのですが、いかんせん、このだけの段差になっているので通行に不便を感じておられるとのことでした。早速、明日にでも担当課と話をしようと思っています。
 歩行に困難さを持っておられるこの方からはほかにも、道路端や駅前などへのベンチの設置、バス路線の拡充などのご相談もいただいています。
 これらの点は私がこれまで議会で取り組んできた内容でもあり、さらに議論を進め、できることから実現したいと思います。

 私たちは日常的に市民から様々なご相談やご意見をいただいています。個々に解決をめざすだけでなく、整理して、その基本となるものは何かと考え、政策化していくことも大事だと思い、これまでも取り組んできました。これからもさらに努力したいと思います。

消費生活展/防災訓練前日準備/民主党会議2011年10月22日 23:16

 土曜日の今日は、あちこちでさまざまな催しが開催されていました。午後遅くまでは何とか天気ももったので、それぞれの主催者の皆さんもホッとしておられたことでしょう。それにしても蒸し暑い1日でした。

 午前中、妻とともにクリエイトセンターで開催されていた消費生活展を見に行きました。

 この場所で先週は環境フェア、今週は消費生活展、と言うことで、双方に関係される団体や個人の皆さんは大変だったことでしょう。本当にご苦労様でした。

 さて、今日も会場を回って回答を考えるクイズラリーが行われており、各部屋の展示を見ながら、回答を考えました。展示の中のヒントがありますので、結果は妻ともども全問正解でした。改めて考えさせられる問題もあり、なかなか楽しかったですよ。

 午後からは明日に迫った防災訓練に向けて、自主防災会の会長、各部部長、副部長、事務局メンバーなどが集合し、準備物の最終点検と打ち合わせを行いました。

 今回の訓練は、基本的には「前もっての準備はしない」との考え方で進められてきましたが、それでも最低限の作業と情報共有は必要なのです。
 
 夕刻からは民主党関係の会議が行われました。帰宅時、小雨が降り出しており、明日の天気が少々気がかりです。いよいよ明日は防災訓練本番。雨が降りませんように。

見山の郷のこどもまつりに2010年05月05日 19:17

見山の郷の遠景
 いよいよゴールデンウィークも今日で終わり。明日からは日本列島全体が再始動します。この間、殆んど快晴で暖かい、と言うよりも暑くさえ感じる日が続きました。やはり初夏の気候なのでしょうか。

 今日も快晴に恵まれる中、茨木市北部の都市と農村の交流施設「深山の郷」で開催された「こどもまつり」に参加してきました。

 そうです、今日は「こどもの日」だったのです。

 道すがらの風景はすっかり青葉若葉の季節となっていましたし、一部ではありますが田植えが行われた田んぼもありました。

 見山の郷に着くと、あちこちからこられた車で一杯。多くの市民や市外からのお客さんで賑わっていました。

 快晴の空には鯉のぼりが元気に泳ぎ、とっても清々しい気分です。

 日頃は農産物やその加工品の販売が行われているのですが、この日は外にもテントが張られ、米粉で作られた「キャベツ焼き」や「たい焼き」なども販売されていました。また、ライオンズクラブの方々の協力の下、ビンゴゲームなども行われていたようです。

 この施設も関係者の皆さんの大変なご努力で、すっかり市民に溶け込んだ施設になり、平日でも安心・安全な食べ物を求める多くの方が来店されています。

 買い物好きな私は筍と葉付の大根、それに、街中で販売されていることが滅多にないいたどりを買い求めました。

 さて、この買い物を見た妻はどう言いますことやら。

インターン生とともに見山の里、彩都訪問2010年02月14日 19:20

 今日は気温も上がらず、寒い日曜日でしたが、風があまりなかったことが幸いでした。

 午前中から森みどり府議や友次市議、それぞれのインターン生とともに、茨木市の山間部、見山の里を訪問しました。

 このブログにも何回も出てきますが、都市と農村の交流事業の拠点として、地域の方々の出資と国、府、市の補助金で整備された「地産地消」の施設です。

 春と秋のインターン活動時期には必ずと言っていいほど訪問しています。今回も食事をし、野菜などの買い物をしました。

 さらに、代表理事さんから見山の里の由来やその活動などについて話をお伺いしました。

 インターン生たちにも、生産者の皆さんの苦労や農業というものについて理解が深まれば幸いです。

 その後、みんなで移動して国際文化公園都市「彩都」へ。

 UR(独立行政法人都市再生機構)の事業内容が変更されたことによって、当初予定された形での開発は難しくなっていますが、茨木市にとって、将来を占う大きな事業であることは間違いありません。

 交通機関や各種ショップなど、現に住まいする市民の利便性を拡大し、魅力ある街づくりを行うことも求められています。

 また、この新しい街づくりで得られた成果を、既成市街地へ及ぼしていくことも、市全体の発展を考えたときには大切なことです。

 そんなこともインターン生たちと話しながら彩都を後にしました。

「有機農業で街を元気に」講演会に参加2010年01月30日 19:34

講演されるツルネンさん
 今日も最高気温が10℃を超える過しやすい日となりました。でも明日から月曜にかけては雨で、その後また寒くなるそうです。

 これからしばらくは三寒四温の繰り返しになるのでしょうか。


 朝の内、事務所で仕事をして、午後から市民総合センターで開催される「有機農業で街を元気に」講演会に森みどり府議や友次議員、そしてそれぞれのインターン生とともに参加しました。

 正式なインターン期間は2月1日からですが、若い人達にもぜひ興味を持ってもらいたい内容だったこともあり、声をかけたのです。

 この催しはある生協が主催され、茨木市の後援も受けておられます。

 「自然の力・自然の循環を活かした農業、自然を生かした暮らしで街も私たちも元気に!」のサブスローガンが示すように単に有機農業を推進しようと言うことにとどまらず、街の姿、私たちの暮らしの姿も変えていこうと言う取り組みをめざしておられます。

 講師として40年近く有機農業を続けておられる埼玉県小川町の金子美登さんと超党派の有機農業推進議員連盟の事務局長として「有機農業推進法」を議員立法で成立させた民主党参議院議員のツルネン マルテイさんがそれぞれ講演されました。

 短い言葉で要約できないのですが、以前、農業委員会の研修会でお聞きした経済評論家の内橋さんのお話と同様、食糧自給率を上げるためだけではなく、私たちの生き方やこの国の将来を考えた時にも、農業を復権させることが必要であることを熱く語られたと感じました。

 いま、取り組んでいる地域政策の中にもぜひ活かしたい課題です。
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/09lbn2fqmyhc